オーストラリアの追憶 -ボーダーの彼女【出会いと悲劇のトラウマ】編-

こんにちはRoninです。

オーストラリアに住んでいた時、境界性人格障害 (別名:境界性パーソナリティ障害、BPD) のオーストラリア人女性と付き合っていました。

オーストラリアの追憶 -【境界性人格障害】の恋人編-

2018.09.21

ボーダーの彼女との生活は、何気ない一言が深刻な事態を引き起こす、引き金になりかねないほど、大変緊張感のあるものです。

今回は、オーストラリアで出会った彼女の境界性人格障害が、どのように形成されてしまったのかをお話したいと思います。

原因を知り、ボーダーの特徴を理解することは、ボーダーから自分を守ることに繋がりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。



境界性人格障害 (境界性パーソナリティー障害)とは

境界性人格障害は、制御できない不安定な思考や感情を伴うことが特徴で、原因として、幼少期に、親などから放置 (ネグレクト) されたことが、トラウマとなり引き起こされるケースが考えられます。

境界性人格障害の症状は以下のようなものです。

境界性人格障害の症状
  1. 現実と向き合うことを避けたり、『見捨てられることを想像』しそれを避けようとする。例えば恋愛関係において親しい関係 (精神的および肉体的) を早急に持とうとして働きかけたり、または自分が見捨てられるかもしれないという可能性を感じた相手との一切のコミュニケーションを断ち切る
  2. 家族、友達および恋人との激しく不安定な関係を持ち、この関係はしばしば理想化を伴う極端に親密な愛から、相手の価値の引き下げを伴う極端な嫌悪や怒りへと移り変わる。
  3. 歪んだ不安定な自己へのイメージ
  4. 衝動的でしばしば危険を伴う行動をする。過度にスピードを出して運転したり、安全ではない性行為をしたり、薬物を乱用したり、過食をしたりする。
  5. 自己切りつけるなどの自傷行為
  6. 繰り返し生じる自らの命を絶つ行為への考え
  7. 激しく繰り返される気分の変化
  8. 慢性的な虚無感
  9. 不適切な激しい怒りや、コントロールできない怒り
  10. 他者を信じることが困難で、時にこれは非論理的な他者への恐れを伴う

(参考: NIH – Borderline personality disorder)

ボーダーの特徴としては、誰かに見捨てられることを極度に恐れていることから、恋人など目の前の相手が自分から去らないか不安で、「試し行為」をしてみたり、相手から見捨てられると感じた際に、一切のコミュニケーションを絶つ場合や、相手を罵倒、最悪の場合暴力をふるう場合もあります。

ボーダー彼女【出会い】

オーストラリアの彼女とは、ワーキングホリデーでシドニーに到着してから、比較的すぐに出会いました。

彼女は、シドニー生まれシドニー育ちで、出会った当時、彼女は21歳でした。

第一印象は、オーストラリア人の女性にしてはとても大人しく、繊細でシャイな人だな、というものでしたが、そんな印象とは裏腹に、とにかく愛情表現が豊かで、「常に一緒にいたい」、「会えないのは辛い」というようなことを伝えて来る女性でした。

見知らぬ土地に来たばかりでしたし、現地の人と一緒にいられるのはそれだけで安心で心強く、何より愛情表現をしてくれるのが嬉しかったので、出会ってから数週間とたたずに正式な恋人として付き合うことになり、同時に同棲もすることとなりました。

ボーダーは、外見ではボーダーであるかどうか判断しづらいところがあります。服装が少し人と違い奇抜であるとか、どこか精神的に病んでいる顔つきであれば分かりやすいですが、ボーダーの中には魅力的で異性から「モテる」タイプも少なくありません

オーストラリアで出会った彼女も、色白でブロンドで、男性からも比較的人気があるタイプでした。

また、ボーダーの大きな特徴として、「愛に飢えている」、「衝動的である」というのがあります。

恋愛初期の段階で、積極的に愛情表現を女性は新鮮だったので、その時は嬉しかったのですが、今になって振り返ってみると、それらは境界性人格障害の特徴だったということがはっきり分かります。

 

ボーダー彼女【悲劇とトラウマ】

ボーダーの彼女が小さい頃、彼女の父親、母親、兄、彼女の四人で生活していました。

しかし、彼女が8歳くらいのころ、彼女の母親が突然家族を捨てて、不倫相手と蒸発してしまいました

残された父親、11歳の兄、そして彼女の三人でそれから生活を送らなければならず、彼女はいつも「なぜ捨てられなければならないの…?」と言った自問を繰り返していたそうです。

そしていつしか母親がいない事実は、「自分に価値が無いのでは…?」という思考へと変わり、彼女の自尊心 (self-esteem) の低さへと繋がってしまったようです。

彼女が16歳ぐらいになった頃に母親から連絡があり、親子は再会することになるのですが、小さい時の経験から未だに母を100%信用することはできず、親子関係に深い溝は残ったままのようです。

イギリスの公的保険機関 NHS (National health service) によると、境界性人格障害が引き起こされる環境的要因は、主に以下のようなものであるとのことです。

環境的要因
  • 感情的、肉体的または性的虐待の被害者となること
  • 幼少期に、慢性的な恐怖や苦悩にさらされること
  • 片方の親、もしくは両親から放置をされること
  • 双極性障害、アルコール依存症、薬物依存症などの重大な精神障害を持つ家族と一緒に過ごす環境で育つこと

(参考元: NHS Borderline personality disorder ”Causes”)

また、NHSによると、「両親や家族との人間関係は、世界をどのようにとらえるか、そして他者の何を信じるかに大きく影響を与える」とのことです。

そして、解決できない幼少期の「恐れ」、「怒り」、「苦悩」といった感情は、大人になり以下のような歪んだ思考パターンの誘因となるようです。 (参考: NHS Borderline personality disorder ”Causes”)

歪んだ思考パターン
  • 他者を「理想化」する
  • 他者に自分の親になるよう期待する
  • 他者が自分を「いじめる」よう期待する
  • 他者が「大人」で、自分はそうではない (子供) かのように振る舞う

(参考元: NHS Borderline personality disorder ”Causes”)

オーストラリアで出会った彼女の場合、「片方の親、もしくは両親から放置をされること」によって、母親に対する「怒り」と共に、「見捨てられる恐怖」という感情が強くなってしまったのだと思います。

また、彼女は僕のことを激しく「理想化」もしていました。

You are a perfect partner for me. (あなたは私にとって完璧) ”、”I couldn’t live without you. (あなた無しでは生きられない)” などといったことを日常的に言ってきました。もちろん、好きどうしのカップルであれば、本心から愛情表現の一環としてそのようなことを言うのは良くあることだと思います。

しかし、ボーダーの彼女の違ったところは、口論など、機嫌が悪くなった場合は、”You are the worst person I’ve ever met. (あなたは今まであった人の中で最悪)” などを含む暴言を吐いてきたりして、急に態度を変えるところでした。

これは、不安定な感情から来る思考の「二極化」によるもので、理想化した相手を、見捨てられる恐怖などから「最悪の相手」とし、突き放そうとするものです。

 

自らも被害者と言える境界性人格障害

彼女との出会いで、オーストラリアでの生活は刺激的なものになりました。

ボーダーは一見して、一般的に魅力的である場合が多いです。

まるで、ジェットコースターのように、ある時は幸せの絶頂で、お互いが深く愛し合っていることを感じられるような日々、またある時は別れを突き付けられた絶望のどん底にいるような感覚…

ボーダーとの生活には、「心の平安」というものは存在しません。

しかし、幼い頃に背負ったつらい過去、特に両親からの愛情の欠如に苦しんだ彼女らも、「被害者」と言えます。

相手がボーダーである場合は、お互いの精神状態がボロボロになることがほとんどです。

決断は決して容易ではありませんが、別れて自分を自由にすることが、結果的にお互いのためになります

境界性人格障害については、また別の回でもお話し致します。

それではまた!


恋人と別れてしまっても「ハッピーメール」なら高確率で素敵な相手を見つけられます





海外旅行ランキング

この記事を「シェア!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です