オーストラリアの追憶 -境界性人格障害の彼女との「抜け出せない共依存」編-

こんにちは Ronin です。

ワーキングホリデーを利用しオーストラリアで生活していた時、オーストラリア人の彼女と知り合い、一緒に暮らしていましたが、彼女は「境界性人格障害 (別名:境界性パーソナリティ障害、BPD) 」という精神障害を持っていました。

オーストラリアの追憶 -【境界性人格障害】の恋人編-

2018.09.21

境界性人格障害はその家族や恋人などを疲弊させ、周囲の人たちを巻き込みます

僕がオーストラリアの彼女と過ごしていた時も、その破滅的な関係によって、精神的にも肉体的にもボロボロになってしまったのですが、いつしかその関係に依存してしまい=共依存そこから抜け出せなくなってしまいました

そこで、今回は僕が実際に境界性人格障害の恋人との関係で経験した、抜け出せない「共依存」の実体験をお話ししたいと思います。



共依存とは?

以前の記事でも触れたのですが、「共依存 (英名: codependency ) 」という概念は、ボーダー (境界性人格障害) などの問題行動をとる人がパートナーに依存し、そのパートナーは相手から依存されることによって、自分が必要とされていると感じ、そこに自分の存在価値を見出してしまい、その関係から抜け出すことが困難になってしまうというものです

オーストラリアの追憶 -境界性人格障害「試し行為」と「共依存」編-

2018.11.01

これは境界性人格障害との関係だけに限ったものではなく、例えば、アルコール依存症の患者と、それを献身的にサポートするその妻 (夫) や恋人、家族との関係性などにもみられ、「世話されるもの」と「世話をするもの」がお互いに依存しあってる状態のことを表します

以下のチェック項目に当てはまるほど、「共依存」の関係に陥いる危険性が高まります

「共依存」危険度チェック
  1. 他者の感情、考え、行動、選択、要望、健康、運命などに責任を感じる。
  2. 他者が抱えている問題解決の手助けや、彼女らの感情のケアをすることを強いられる気持ちになる。
  3. 自分自身に対してされた不正への怒りよりも、他者に対してされた不正への怒りの方が感じやすく表現しやすい。
  4. 他者に何かをしてあげている時に最も安心感や快適さを感じる。
  5. 他者が自分に対して何かをしてくれている時に不安感や、申し訳なさを感じる。
  6. 世話する必要がある相手、解決する必要がある問題、処理する必要がある危機が無い場合に虚しさや退屈さ、自分の価値の無さなどを感じる。
  7. 頻繁に、他者が抱えている問題について話したり、考えたり、心配するのを止められ無くなることがある。
  8. 誰かを愛している時、自分自身の人生に興味を失ってしまう。
  9. 他者が自分を変わらず愛してくれるように、不正を見逃してしまうような、上手く機能しない関係に身を置く。
  10. 同じく上手く機能しない新たな関係を築く時にのみ、悪い人間関係から抜け出す。

(出典: Borderline Personality Treatment  “Codependency and Borderline Personality Disorder: How to Spot It”)

 

ボーダー彼女との抜け出せない「共依存」関係

破滅的な関係でもそれに留まる

オーストラリアの彼女の境界性人格障害は、幼少期に体験したトラウマから形成されました。

オーストラリアの追憶 -ボーダーの彼女【出会いと悲劇のトラウマ】編-

2018.10.15

彼女の自己肯定感は非常に低く、そのため自分自身を好きになることができず、常に自分自身を否定するようなことを言ったり、酷い時にはカッターやカミソリの刃を使用し、手首等を切る自傷行為をすることがよくありました。

その不安定な気分の変化から、僕に対しての態度を変えることが非常に多かったです。

例えば、ボーダーラインの症状から来る彼女のうつ状態が酷い時は、朝 (昼近くまで寝ていることが多かった) 起きると、既に起きている僕に、一言も挨拶などをかけることなくシャワーへ向かい、同じ室内いても口をきこうとせず、 黙って外出をして、心配して送った僕のメールにもほとんど返信することなく、夜遅くになってやっと帰宅する…などというパターンが良くありました。

僕が少し強めの口調で、「無視しないで」や、「心配してるからどこにいるかでも教えて」などと言うと、彼女は「You denied me! (私を否定した!) 」や、「You are criticising  me! (私を批評している!) 」等の言葉で叫ばれ、酷い時には彼女が家出をして、数日から長い時には数週間帰って来ないことも良くありました

僕は、彼女が何らかの精神障害を持っていることは感じていましたし、この関係を持続することは難しいことを感じていました。

しかし、彼女の精神状態、うつ状態が一時的に良くなると、彼女はいつものように優しく笑顔で接してくれ、「Please don’t abandon me.. (見捨てないで) 」「I can’t live without you.. (あなたがいないと生きられない)」などと僕に言ってきました。

彼女のことが好きでしたし、感情的な時とのギャップを魅力的とも思ってしまい、破滅的で心身の疲弊を伴うものであるにも関わらず、その関係に留まったままの日々が長く続きました。

僕は彼女の精神状態についてインターネット上で必死に調べ、彼女の症状が「境界性人格障害」のそれに非常に当てはまっていることに気づき、それを彼女に打ち明けました。

すると彼女から初めて、「二年前に精神科で境界性人格障害と診断された」事実を伝えられました。

 

「共依存」となり彼女の精神障害が必要になる

彼女が精神不安定になって発狂したり、叫んだりして僕が困惑したり傷ついた後でも、「ごめんね私こんなんで…。私なんかあなたに相応しくない。だってボーダーラインだし…」などと言ってくる彼女を見て、僕は同情をし、いつしか「彼女を守って、この精神障害もいずれは克服できるよう側にいてあげるんだ…」などと考えるようになりました。

そして、彼女が精神不安定で、うつ状態だったり、泣いたりして苦しんだりいるのを励ましたりすることで、自分が彼女から必要とされ、愛されていると感じ嬉しくなり、いつしかそのような彼女の精神障害をこちらから求めるようになってしまいました。

今になって思うと、典型的な共依存の関係にあったと思います。

彼女は問題行動を起こし (僕の愛情を確かめるための「試し行為」も多かった) 、僕の存在に依存していました。そして僕も、依存されることによって、自分が必要とされ、愛されていると感じ、そこに自分の存在価値を見出してしまっていたのだと思います。

この共依存状態のため、お互いに破滅的な関係であると気づいていたのにも関わらず、この関係から抜け出せない、苦しい状態が一年以上に渡って続きました




共依存の原因

抜け出せない、共依存の関係に陥ってしまう原因には、境界性人格障害の形成要因と同様に、幼少期の体験が関係していることが多いようです。

幼少期には、私たちは非常に多感で感受性が高く、人生経験や認識能力の無さから、家族関係が健全で無いとしても、それを認識することができません。

そのような不健全な家族関係において育った子供は、自分が家族には重要では無い存在であるとか、家族の問題の原因であると、思い始めることがあります。

そして、安定した家庭環境を提供できない両親の元で育った場合、以下に挙げるような性格上の特徴を形成してしまう可能性があります。

  • 子供の面倒をしっかり見ることのできない両親に代わり、兄弟や両親を世話するようになる
  • 自分を愛してくれていると偽る人たちが、自分を傷つける可能性があることを覚える
  • 自分の意見を抑えてまで、他人を喜ばせようとする 
  • 他人との極端な境界線に苦しむ (全てを捧げるか、完全に心を閉ざすかの二極思考)
  • 自分が直接の原因ではないにも関わらず、両親や家族に関することで罪悪感を感じるようになる
  • 継続的な不眠症や悪夢に悩まされたり、焦燥感を覚えたり、一人でいることを恐れたりする
  • 幼少期に自分には問題があることを感じた、または言われたことにより、自分には価値が無いと感じる
  • 人から繰り返し裏切られ傷つけられたことにより、パートナーや友人を含め、人を信じられなくなる
  • 要求が満たされたり、人から世話をしてもらうことに不慣れなことから、他人の助けを受け付けない
  • 孤独を感じやすくなる
  • 過剰に責任感が強くなる
  • 他者や状況を過剰にコントロールすることで、自らの無力感を補おうとする

(出典: Psych Central  “What Causes Codependency?” )

これらの特徴がある場合、子供の頃に体験した、機能しない、不健全な家族関係を、他の健全な関係を良く知らないという理由により、大人になっても他者との関係において再現してしまうようになります

そして、自分自身を欠点のある存在だと感じてしまう自尊心の低さや、孤独を恐れる感情により、例え破滅的で機能しないものであっても、その関係に留まろうとしていまいます。

これは、一人でいることによって、自分が本当に価値のないものや、必要のないものであると再確認されてしまっているような気持ちに陥るためです。

幼少期の体験によって形成された特徴と、幼少期の他者との関係性の再現が、共依存を生み出す原因、そしてそこに留まってしまう原因に、大きく関わっていると言えます。

(参考: Psych Central  “What Causes Codependency?” )

 

最後に

境界性人格障害との関係は、心身を疲弊させる破滅的な関係です。

そこに共依存の問題が生じることで、ボーダーの精神障害をそのパートナーが求めてしまうというような、お互いにとって決して良い結果をもたらさない、恐ろしい関係へと発展してしまいます。

共依存に陥っている可能性に気付いた場合、早くその関係から抜け出すよう、対策を取らなければなりません

事態が深刻な場合、その恋人と別れる (夫婦の場合は離婚) ことが、唯一の解決方法であることも少なくありません。

共依存の関係を断ち切ることは決して簡単ではありませんが、それが結果的に、お互いのためになるのです。

それではまた!

パートナーと別れてしまっても「ハッピーメール」なら高確率で素敵な相手を見つけられます





海外旅行ランキング

この記事を「シェア!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です