台湾での【部屋探し】を徹底解説!部屋探しサイト「591」を活用

こんにちは Ronin です!

お隣の国「台湾」は、旅行や留学だけではなく、移住先としても人気のある場所です。

台湾は食べ物が美味しく物価も安く、なにより台湾の人たちが親日でフレンドリーですので、住むのに快適な国の一つと言えます。

台湾での生活を始める場合、まずは住居の確保、という問題がありますよね。

そこで今回は、台湾での「部屋探しの方法」についてお話ししたいと思います!




日本との部屋探しの方法の違い

日本では アパートなどの部屋を探す際は、インターネット上で興味のある部屋を見つけたら、そのアパートの紹介を取り扱っている不動産屋に電話で連絡したり、または実際に店舗へ行き住みたい条件に会った物件を紹介してもらう…というスタイルが主流です。

台湾でも同様に、それがマンションであってもアパートであっても、賃貸の部屋を探す際は、まずはインターネットのサイトを利用して探すことになります

その際ポイントなのが、業者の仲介では無く、大家さんが自分で部屋の広告を載せているパターンが多く、連絡も大家さんと直接やりとりする場合が多いということです。

メリットとしては、大家さんさえオッケーを出してくれれば住むことができるので、手続きが比較的スムーズに行えたり、また居住開始日等、交渉次第である程度融通が効く場合が多いということです。

 

「591」で部屋を探す

台湾にはいくつか部屋探しのためのインターネットのサイトが存在しますが、一番大きなサイトは591というサイトです。

591房屋交易

(591房屋交易: https://www.591.com.tw/ )

実際の591のサイトの画面と共に、サイトの見方、部屋の探し方を解説していきたいと思います。

 

① トップ画面から「租屋」をクリック

まず、トップページ上側の「租屋」という箇所をクリックします。

租屋 (zū wū) は中国語で賃貸という意味です。

 

② 探す部屋の条件を設定

以下の画面より、探す部屋の条件を項目ごとに設定します。

住む場所を設定

「位置」という欄にある個所から住む場所を設定します。

居住を希望する市または県、住みたいエリア、地下鉄のどの線に近いか、どの学校に近いか、どのショッピングエリアに近いかを選択することができます。

それぞれの項目の内容を設定する際は、右隣にあるドロップダウンをクリックします。

 

部屋のタイプを選ぶ

通常のマンション、アパートを賃貸する場合は3つの種類から部屋のタイプを選択します。

「獨立套房 (dú lì tào fáng) 」は、住所が独立しているタイプの部屋となり、電気、水道代など個別の計算方式となり、またマンションタイプの部屋である場合が多いため、セキュリティや問題があった時に対応してくれる管理人 (中国語: 管理員) が常駐してしている場合が多く、その場合は基本的に別途管理費を払う必要があります。

「分租套房 (fēn zū tào fáng) 」は、住所を1つの建物に住んでいる人たちが共有するというタイプで、電気、水道代も、自分が使った分をメーターを参考にして大家さんから直接請求される場合が多いです。

獨立套房と比べ値段が安いことが多いですが、「公寓」と呼ばれる4または5階ほどの建物であることが多く、通常はエレベーターが無く、また管理人もいないというのが特徴です。

「雅房 (yǎ fáng)は、いわゆるシェアハウスで、キッチン、リビング、バスルームなどを他の居住者とシェアするタイプです。

学生で雅房を利用している人が比較的多く、また「女性限定」と性別が指定されている場合も少なくありません。

シェアハウスであるため、値段は套房に比べて比較的安く設定されていることが通常です。

 

家賃の設定

予算に応じて、1か月の家賃の範囲を設定します。

 

坪数 (píng shù) の設定

坪数を設定します。

 

③ 部屋を選択

検索結果が表示されるので、閲覧したい部屋を選択します。

赤字で表示されている数字は月の家賃を示しています。

 

④ 部屋の情報を確認

部屋の情報が表示されるので、条件を確認していきます。

 

写真、費用、大家さんの情報

通常、部屋の写真が数枚アップロードされているので雰囲気や清潔さ等を確認できます。

注目したいポイントとしては、右上の家賃の下に掲載されている情報で、「含~」となっている場合、そこに表示されている費用が家賃に含まれていることを示唆しています。

上の写真例だと、第四台 (数十種類以上のチャンネルが見れるテレビ) 、網絡 (インターネット) 、水費 (水道代) 、瓦斯費 (ガス代) が家賃に含まれていることになります。

また、右側には大家さんの名前と、携帯番号が表示されています。

質問がある場合、部屋を実際に見たい場合などは、この番号から直接メール、または電話をして連絡することになります。

LINE の ID  を直接載せている大家さんも少なくないため、その場合は LINE でのやりとりを行うこともできます。

また、ほとんどの場合、大家さんの名前の横に屋主聲明:仲介勿擾 と表示され、大家さんと直接連絡が取れるようになっていますが、そうでない場合は仲介業者を挟まなければならず、その場合は仲介手数料が発生する場合があるので注意が必要です。

 

敷金など、細かい条件

細かい入居に関しての情報、条件を確認できます。

押金 (yā jīn) は日本語の敷金にあたるもので、台湾ではほとんどの場合で家賃の2カ月分 (もしくは1カ月分) を入居の際に支払うことになります。

日本同様、契約した期間を満了し退去する際に (部屋の物が破損した場合などを除く) 、押金を大家さんから返却してもらう形となります。

その他、ポイントとして押さえておきたい個所は、車位 (駐車場の有無) 、最短租期 (最短の入居期間) 、開伙 (火を使っての調理)、養寵物 (ペットを飼ってよいか) 、可遷入日 (いつから入居可能か) 、といった情報となります。

気をつけたいのは、台湾では自炊をする習慣が日本や他の国のようには無く、そのため一人暮らし用のアパートには通常キッチンがありません

 

付近の情報

コンビニや百貨店など付近にあるもの、また、近くの駅の情報を確認する事ができます。

 

その他の情報

この欄で、より詳細な情報や条件を確認する事ができます。

台湾の大家さんには、英語や日本語で会話可能な人も珍しくないため、その場合はこの欄にその旨が書かれることが通常です。




実際に部屋が決まるまでの流れ

591で興味のある部屋を見つけた場合は、以下のような流れで部屋を決めることになります。

部屋が決まるまでの流れ

①591に掲載されている大家さんの電話番号 (もしくはLINE) に直接連絡

②大家さんと相談し、いつ部屋を実際に見に来るかを取り決める

③双方が入居の条件に同意した場合、契約書に名前を記入し、判子を捺印

④鍵を貰い入居開始

おおまかに言うとこのような流れで入居までが決まっていきます。

敷金と1ヶ月分の家賃は、契約書を記入する時に支払うパターンが多いです

また、契約書記入時に判子も必要となる場合がほとんどですが、日本の判子と違い台湾の判子は姓名が全て1つの判子に記載されているものとなるので、部屋探しを始める段階で用意しておくことをおすすめします。

 

最後に: 外国人でも部屋探しは難しくない

台湾で家を借りる場合、保証人が要らない場合がほとんどですし、家具も最初から付いているのが通常です。

また、何か特別に交渉したいことがある場合でも大家さんと直接連絡でき、色々考慮してくれることが多いです。

英語、日本語も通じることが少なく、台湾での部屋探しは、外国人がいきなり部屋探しを行う場合でも、そこまでハードルが高くないと言えます。

それではまた!




この記事を「シェア!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です