ヨリを戻してあの頃に戻りたい…「復縁」のために実践した【5つ】の方法

こんにちは Ronin です!

出会いがあれば別れがあるように、好きだった恋人からフラれてしまうなどして、別れを経験することは人生のうちでは起こりうることです。

しかしながら、どうしてもその人でなければならない…と思うほど本気で好きな相手ならば、そう簡単に諦めることが難しいのが通常です

そんな時、恋人との「復縁」を願う人も、多いのではないかと思います。

何とか元通りになりたいと、藁にもすがる思いで、タロットや、誕生日の相性などの、占いを参考にしてみたりする人も中にはいるかもしれません。

僕はロンドンに来る前、台湾で4年間生活をしていましたが、そこで何人かの台湾人の女性とお付き合いする機会があり、今のパートナーと出会う前にお付き合いした女性 (元カノ) も、台湾人の女性でした。

別れを乗り越えて… 【辛い失恋】から立ち直るために実践した【5つ】のこと

2018.10.27

元カノから別れを告げられ、その失恋を乗り越えようと決意するまでは、別れを受け入れることが出来なく、本気で元カノと復縁したいと考え、本やインターネットの情報を参考にして復縁の方法を実践しました。

それを実践したことで、元カノの反応、そして自分の人生自体にも大きな変化が生まれました。

そこで今回は僕が実践した復縁のための行動と、その効果についてお話ししたいと思います!




連絡を取らない時期を作る=冷却期間

フラれてしまった場合など、別れたくないのに恋人と別れなければならなくなってしまった場合、その辛さから、常に別れた恋人のことを考えてしまい、つい連絡を取りたくなってしまいます。

しかしここで考えたいのは、別れて辛いのは、フラれた側だけではないという事実です

程度の違いこそあるにしろ、相手を傷つけると分かっていながら、それでも別れを決意した元カノ (元カレ) 自身も、別れたことからのショックをおっている状態です。

元カノ (元カレ) のことをそっとしてあげる時間が必要な場合があり、その期間は連絡を避ける必要があります。

そして、別れにいたってしまったことには、何かしらの原因が必ずあります

性格の不一致、価値観の違い、金銭感覚の違い、遠距離などというものから、浮気などといったものまで、別れを決断する理由というのは人それぞれで、別れにいたった原因を改善、解決しなければ、復縁の可能性は見えてきませんし、それらを変えるには時間がかかります

「絶対に変わるから、やり直して!」という言葉も、一度別れを決断してしまった相手には届かず、断られることがほとんどです。

これらのことから、まずは、一定期間連絡を取らない時期=冷却期間を設けて、彼女 (彼) のことをそっとして あげながら、別れることになってしまった根本的な原因の改善に努める必要があります。

冷却期間がどのくらい必要か、というのは、その状況によって違いが出るため一概に言い切れないのですが、まずは数週間、可能であればそれを徐々に伸ばして数ヶ月ほど全く連絡を取らないことが理想と言えます。

自分を磨く

残酷な言い方になってしまうのですが、「フラれる」ということは、元カノ (元カレ) から見て、「もう魅力を感じなくなってしまった」、または「付き合う価値が無くなってしまった」ということでもあります。

僕が元カノにフラれた時も、「残念だけど価値観が違う」や、「あなたにはもっとふさわしい人がいる」などと、僕が傷付かないようにという彼女の優しさから、オブラートに包んだ表現で別れた理由を告げられましたが、結局は元カノは、「僕と付き合うことに価値を見出せなくなった」「僕と別れた方が自分の人生にとって有益だと思った」ことにより、別れを選択したことになります。

本気で別れた (フラれた) 相手とヨリを戻したいのであれば、相手が再び自分のことを魅力的であると感じ、付き合いたい、付き合うと彼女 (彼) の人生が幸せになる、と思わなければなりません

そのためには、人としての魅力を高めるための、「自分磨き」を行う必要があります。

自分磨きの方法は人によって異なりますが、外見の部分であれば、ダイエットをしたり、オシャレな人たちを参考にして、ファッションセンスを高めたりなどといったことかもしれませんし、仕事や学校、習い事などに精一杯打ち込むことで、知識や教養をつけたり、人から感謝をされるなど、内面からの魅力の変化も自分磨きによって起こすことができます。

また、別れた (フラれた) 時はそのショックで失ってしまった自信も、自分を磨いている途中で少しずつ自然に取り戻すことができ、より魅力的な自分へと変化していくことができます。

そして別れた元カノ (元カレ) が、外見からも内面からも「まるで前とは別人みたい」と思えば、そこに復縁の兆しを見い出すことができます

 

自分の生きがいを見つける

恋人と別れた (フラれた) 時というのは、盲目的に相手以外のことを考えられない状態になってしまうことが多いです。

それだけ相手のことを想っているわけですから、別れてしまった相手のことが常に頭から離れないのは、当然の感情だと言えます。

しかし、ここでしっかり考えておかなければならない事実があります。

それは、「人は、いつでも手に入るものに価値を感じにくい」ということです。

とても残酷に聞こえてしまうかもしれないのですが、いつでも元カノ (元カレ) のことを考えていて、彼女 (彼) さえその気なら、いつでも付き合うことができる相手には、価値を感じにくくなってしまいます

僕が台湾に住んでいた時に、「ブラックサンダー」という日本のチョコレートが流行った時期がありました。

一つ25元 (≒90円) ほどのこのチョコレートが、一時期台湾で爆発的な人気となり、コンビニなどで売り切れが続出し、通常の購入方法では入手困難で、インターネットオークションに出されるなどの社会現象になりました。

ブラックサンダーチョコレート

ですがブームが去った今では、普通に台湾のコンビニで、いつでも入手することができます。

このチョコレートは、おいしいチョコ、というのには変わりないのですが、正直ごく普通の「チョコレート菓子の一つ」です。

しかし、「品薄!」、「大人気!」、「入手困難!」という情報に人々がつられ、なかなか手に入らないことに「価値」が見出され、爆発的な人気となったという背景があると考えられます。

これは、人が手に入らないものに価値を見出す、という心理と深く関係しています (逆に言うと、すぐに手に入るものには価値を見出しにくい) 。

仕事、習い事、趣味、友人との時間、家族との時間など、それがどのようなものであれ、別れた恋人のいない世界でも、自分の人生を充実させることができる姿は、「元カノ (元カレ) がいなくても幸せ=いなくても平気」という印象を相手に結果的に与えることとなり、手が届きにくいもの (と思われるもの) に、元恋人が価値を見出すことへと繋がります。




他の異性とできるだけ交流を持つ

恋人と別れた (フラれた) 場合、元カノ (元カレ) 以外のことを異性として考えられないことが多いです。

僕が台湾人の元カノからフラれた時は、元カノのことばかりを考えていて、「絶対に彼女じゃなきゃダメだ」「彼女以外となんて付き合えない」などと常に思っていました。

ですがこれまでお話した通り、元カノは僕を魅力的だと感じなくなったために別れを決断しましたし、彼女だけが異性で、いつでも彼女と復縁したいと思っている (=いつでも手に入るもの) 僕に、価値を見出しませんでした。

僕は元カノと別れた後に新しく就いた仕事を通して、新たな人間関係、交友関係を築くことができました。

今では友人となった、当時の同僚とも出会うことができましたし、仕事上でも同僚や取引先などで女性と知り合う機会もありました。

また、マッチングアプリなどを利用し、台湾人女性とデートなどに出かけてみることもありました。

このような出会いを通して、自然に自分の自信を取り戻していき、「元カノだけが女性では無い」という感覚を、実感するようになっていきました。

もちろん心のどこかでは、それでも元カノのことを考えている瞬間はどこかにあったのですが、仕事に趣味に、交友関係にと、自分磨きに努めていたことも功を奏し、「心に余裕がある」状態へと変わっていきました。

この「心の余裕」というのは非常に重要で、「心の余裕を持ち、自信と輝きを持った自分の姿」を、別れた元カノ (元カレ) が改めて見る時、そこに復縁の可能性が生まれます。

 

新しい異性と出会うことで「余裕」が生まれます。マッチングアプリの『ペアーズ』なら、簡単な手順による登録から、素敵な相手を見つけることができます。

 

最適なタイミングで連絡を取る

一度別れてしまった相手と、ヨリを戻し復縁する、ということは、前の状態へと戻る、ということでは無く、むしろ、新たにゼロから恋愛をし直す、ということに近いです。

一度付き合い、お互いのことを知っているという面から考えると、場合によってはゼロというよりも、むしろマイナスからスタートしなければならない場合もあるかもしれません。

十分な冷却期間で別れる原因となってしまった要素を改善し、自分磨きと、元カノ (元カレ) 以外の生きがいに打ち込み元恋人だけが世の中の異性で無いことを心から実感できる頃には、客観的に異性から見て、人としての魅力も、心の余裕もある自分へと変化していることだと思います。

あとは、ちょうど良いタイミング  (相手に恋人がいなくフリーで、仕事も忙しくない時期など)  に、元カノ (元カレ) に連絡をし、元恋人という関係から、再度恋愛関係へと発展させられるように試みなければなりません。

これはもう状況次第、そして相手の反応次第とも言えるのですが、もし会える機会を得られた時は、別れてしまったばかりの時とは、良い意味で別人と言える、魅力的な自分を元恋人は目の当たりにしますし、以前と比べて復縁できる可能性がグンと高まっているのは確実です

 

最後に: まるで「精神と時の部屋」。最終的に元カノが気にならなくなる

マンガ好きなら誰もがご存知だと思うのですが、ドラゴンボールというマンガに、主人公の悟空が短期間で集中的にパワーアップを図ろうとするために使用する、「精神と時の部屋」という過酷なトレーニングを行う場所が存在します。

重力が外の世界の10倍だったり、外の情報が全く入ってこないなどの過酷で孤独な状況下ですが、この漫画の中で、キャラクターが成長するためには欠かせない場所です。

精神と時の部屋

(出典: 「鳥山 明」著 “ドラゴンボール” )

元カノにフラれた後も、元カノへの想いが強かった僕は、一度は復縁を決意しますが、その間に、新たに就いた仕事に夢中になったことや、仕事や、プライベートを通じて、新たな人との出会いがあったこと、そして何より、別れを乗り越えようと試みたことなどが功を奏し、いつしか元カノのことを全く考えなくなっていました

元カノと別れてから、全く連絡を取らないという時期が数ヶ月ほど続いたある日、付き合っている時に貸し借りしていたものの返却に関して、彼女と連絡を取ることになったことがありました。

電話越しで数分だけ話をしたのですが、話し方や声の具合で、僕が元カノのいない生活でも、生きがいを持って伸び伸び暮らしているのを彼女は感じたようでした。

その数分の電話を最後に、それから元カノと会うことはもちろん、話をすることさえありませんでしたが、そこにはもう既に、彼女を異性として見る必要が無い自分がいました。

まるで「精神と時の部屋」の修業のように、フラれた絶望から必死にもがいているうちに、完全に失ってしまった自信を、少しずつ取り戻すことができていたのだと思います。

「自信を取り戻すことが出来た時」、そして、「元カノ (元カレ) でなくても平気」という域に達した時、元恋人からは、自然と魅力的な人に映っているはずです。

もしくは、元恋人を見ても、既に復縁したいと思わない自分がそこにはいるのかもしれません

今日もロンドンから、皆さんの素敵な恋愛を願っています…

それではまた!

すれ違いマッチングアプリクロスミー
いつ、誰と、どのあたりですれ違ったのかが分かるアプリです。





海外旅行ランキング

この記事を「シェア!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です