白人女性と【結婚した】僕が明かす「白人女性と付き合う」方法

こんにちは Ronin です!

日本へ観光に来る外国人がこれまでにないくらい増加しているなど、国際化が益々進む中、海外から来る異性と出会う機会が多くなり、国際恋愛に興味を持つ人は少なくないと思います。

僕は海外に出てから、台湾、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなど、様々な国の女性と出会い恋愛をする機会があり、現在は白人の妻とロンドンにて生活しています。

外国人女性との恋愛に関して、特に「白人女性と付き合いたい…」、「一体どうすれば白人女性と付き合えるのか?」といった日本人男性の疑問を耳にすることが良くあります。

そこで今回は、白人女性と親密になって恋人同士になるにはどうすれば良いのかについて、お話ししたいと思います!




系統なら「中性的」男子

一言に「白人女性」と言っても、人それぞれでタイプが違うのですが、イギリスやオーストラリアなど英語圏の国の女性は特に、日本人を含めたアジア人の男性を、基本的には異性として見ることが少ないと感じます。

一般的な白人女性は、ハリウッド俳優に見られるような、短髪で整った顔立ち、適度な筋肉質な体つき、男らしい言動をする男性などが好みの人が多いです。

海外で生まれ育ったアジア系2世などの完全に西洋化した男性は、そのような環境が普通であることから、筋肉質で男らしい振舞いをすることが多いです。

しかしそれでも、これまでオーストラリアとイギリスで合わせて数年間生活して来ましたが、日本人を含むアジア人男性と白人女性の組み合わせは、あまり見かけないカップルの組み合わせとなっています (白人男性とアジア人女性の逆の組み合わせは比較的多い) 。

以前の記事でも触れたのですが、日本に興味のある白人女性は特に、「中性的」と言われる日本人男性に魅力を感じる人が多いです。

ロンドンの女性が困惑する??「日本男子」の5つの特徴 -【外見】編-

05/12/2018

中性的と言えば、髪は長め、キレイ目な顔立ちや出で立ちの男性の系統を言います。

 

中性的で海外の女性にも人気の “Yoshiki” さん

(出典: Yoshiki.net )

中性的な男性は、海外では特に同性愛者としてみなされることが少なくないのですが、白人女性を含む、一部の海外の女性には、「Cute (キュート) 」と捉えられ、魅力的に映るようです。

男が「かわいい」とは何事だ…、と抵抗感を感じる人も少なくないのかもしれないのですが、かわいいと呼ばれることに抵抗無く、女性に興味を持って貰う事を喜べる人には、中性的な外見のタイプに自分の系統を近づけみるのは、白人女性が魅力に感じる可能性があるという観点から言えば、有効な手段の一つだと言えます。

 

徹底した「レディーファースト」

日本を含め、アジアでは、「レディーファースト」の言葉に見られるような、女性を優先させるような習慣があまりありませんが、海外、特に欧米ではレディーファーストは基本的な考え方となります。

女性は、男性のちょっとした動作も敏感に観察していることが多く、しっかりと女性を優先させてあげる動作は紳士的な印象で、白人女性にも好まれます。

電車に乗り、席が一つだけ空いているような状況であれば女性に座らせてあげる、外に出る際など扉やドアを抑えて女性を先に行かせてあげる…などの動作は、白人女性と付き合う際には非常に重要な心掛けとなります。

日本人男性の中には、女性に優しくし過ぎるのは良くない、プライドが許さない!という人もいるかも知れないのですが、本気で白人女性と付き合いたいのであればそれらのプライドを捨て、レディーファーストを徹底し、思いやりを示す必要があります。

 

亭主関白は一先ず捨てる…「惜しみない愛情表現」

日本では、男性も女性も、「男性が積極的に愛情を示す」ことに抵抗を感じる人が少なからずいます。

「寂しい」「会えないのが辛い」などと男性が言うと、男らしくない…気持ち悪い…、というような印象を受ける日本人女性も少なくないですし、中には「好き」や「愛してる」などの言葉を男性から頻繁に言われることに抵抗感があり、たまにだけ言って貰えれば嬉しい、と思っている日本人女性は少なくありません。

その影響もあってか、日本人男性は、「会えなくて寂しい」や、「愛してる」といった言葉を日本人女性には頻繁に伝えない傾向があります

しかし白人女性との恋愛では、「I miss you. (あなたが恋しい) 」、「I love you. (愛してる) 」、「I’m happy to be with you.  (あなたと一緒にいれて嬉しい) 」などと言った言葉をしっかりと、毎日のように頻繁に伝える必要があります。

ですので、本気で白人女性と付き合ったり良い恋愛関係を持ちたい場合は、「亭主関白」という言葉に見られるような男性の高いプライドを一端忘れ、女性にしっかりと思っていることを伝え、愛情表現を頻繁にする習慣を身に付けなければなりません。




白人女性と仲良くなるには「英語は必須」

近年の日本ブームで、日本文化に興味のある欧米女性は増加傾向にあると感じます。

日本に興味ある外国人女性の中には日本語を流暢に話すことができる人もいます。

しかしながら、仮に日本人男性が日本語しか、もしくは簡単な片言の英語しか話せない場合は、白人女性と付き合える可能性がグンと減ってしまいます

日本語を流暢に話せる白人女性は、他の多数の日本人男性と話すことができるため、その分ライバルが多くなってしまいます

もし自分の英会話の能力が高ければ、日々の出来事、人生観、感情など深く複雑な話題まで、白人女性と話せることになり、相手の日本語能力の有無に関わらず、質の高いコミュニケーションを取ることができます。

コミュニケーションが取ることができない男性と、恋愛関係を持ちたいと思う白人女性はどうしても少なくなってしまうため、英語を身に着けることは必須であると言えます。

過去に付き合ったオーストラリアの白人の彼女は、日本自体には興味が非常にある女性だったものの日本語が全く話せなかったため、僕が一生懸命英語を話すことでコミュニケーションを取ることができましたし、今の白人の妻にいたっては、僕と出会うまで日本の事も良く知らず、今でも日本語を全く話すことができないので、知り合った時から僕が英語を話し、深いコミュニケーションを取ることが出来たことによって、最終的には結婚するという結果までたどり着くことができました。

ですので、まずは英語を身に着けることが非常に重要で、英語力によって白人女性と付き合える可能性が一気に広がっていきます

最後に: 「積極性」は世界共通

「草食系男子」などの言葉に表されているように、恋愛に対して受動的な男性がいるようです。

しかし、現実的には「男性に恋愛をリードして欲しい」と思っている女性が圧倒的だと思います。

そしてこれは日本に限ったことでは無く、欧米女性にもあてはまり、恋愛関係はしっかり男性がリードしていかなければなりません

自分の想いをしっかり示し、デートに誘うなど積極的になれる男性が、最終的に素敵な恋愛をすることができる、というのは世界共通です。

皆さんの素敵な恋愛を願って…

それではまた!




この記事を「シェア!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です