留学したい!でも不安…【海外留学】に行けない理由と解決方法 -語学力の悩み編-

こんにちはRoninです!

留学やワーホリ、あるいは海外移住や就職においてまで、「日本を出て海外で生活したい!」と、誰もが一度は思う…と言っても過言ではありませんよね。

そして思うだけでは無く、いざその夢を現実のものへしようとする時に、様々な問題に直面しなければなりません…

どんな華やかな映画でも、キャスティングやセットなど、見えないところにたくさんの準備と費用がかかっているように、「海外生活」を実現させるためにはいくつもの障害やそれを引き留める要素があることも事実です。

その中でも、海外生活にあたっての、「語学力」に関して不安を持っている人は多いと思います。

そこで今回は、憧れの海外生活をためらわせる「海外へ行けない理由」として大きな原因となる「英語力(語学力)の不安」と、その解決の仕方について僕の経験を交えながらお話したいと思います。



今の英語 (語学) 力、通用する??

海外に英語を始め留学に行く場合でも、海外就職を目指す場合でも、現地に到着してからは基本的に、現地の言葉を理解し話せることは生活をしていく上で必須となります。

多少の日常会話を行える語学力が既にある場合は別として、勉強を始めたばかり等で語学力がゼロに近い場合は、本当に現地で生活ができるのか不安になるのは自然なことだと思います。

飛行機を降りれば、そこはもう異国の地ですので、基本的には日本が使えない環境となってしまいます。「空港から宿泊先まで」、「ホームステイ先の家族と」、「語学学校でクラスメイトと」など、海外生活の初期は全て慣れない中での外国語の環境になるわけですので、日本にいる時からそれらを想像して怖くなってしまう…というのは良くあることですよね。

100%コミット英会話【イングリッシュセントラル】

語学力の不安を解決するには?

【解決策】日本にいる間に語学力を向上げる

一番の不安解消として効果的なのは『日本にいる間にできるだけ語学力を上げておくこと』だと思います。

語学留学であればクラス分けがあるので一番初歩のクラスから始めることも可能ですが、自分の思っていることをある程度伝えられることができれば留学生活がスムーズになります。それに、語学留学やワーホリなどであれば資金や滞在期限が限られている場合がほとんどですから、それらの投資で最大の語学上達という成果を得るために、留学前にできる限り語学力を上げておくことは大いに役立ちます。

また、例えばイギリスやアメリカ等の大学などに留学する場合は、スピーキングの試験のあるTOFEL ibtやIElTSなどで一定以上の点数を取得していることが条件になります。これは大学の授業水準にしっかりついていけるかを測る重要な指標となるため、TOFELやIELTS対策のため日本にいる間の英語力向上は必須ですし、そしてそれが留学以降の自身の海外生活をスムーズにすることにも繋がります。

日本にいる間の語学力を上げる方法としては、「英会話のテキストを購入し学習する」他にも、「英会話学校等に通う」、「外国人の先生の家庭教師をつける」、「インターネット等で外国人の友達をつくる」などいろいろな方法があります。


質の高い英会話マンツーマンレッスンが受けられます

 

一日に勉強時間に費やせる時間は、昼間の仕事があるかないか、また集中できる時間の個人差によって人様々だと思うのですが、継続して語学勉強をできるかどうかで、語学力が向上するかどうかが決まります。そしてその習慣が、海外での留学中でも生かされることになります。

 

【解決策】日本人の多い都市や国に滞在する

海外と言えど、場所によっては日本人が比較的多く住んで都市、国があります

日本人が多く住む地域には日本食レストランや、日本製品を買うことができるお店等が集まるエリアあることがほとんどです。そして、それらの場所には自然と日本人のコミュニティがあるので、日本語を使って生活できる環境がありますし、現地の言葉に堪能な日本人の知り合いや友達を作ることもできます。

以下は、「日本人の多い国」と、「日本人の多い海外都市」のトップ10です。

日本人の多い国トップ10
  • アメリカ: 426,206人
  • 中国: 124,162人
  • オーストラリア: 97,223人
  • タイ: 72,754人
  • カナダ: 70,025人
  • 英国: 62,887人
  • ブラジル: 52,426人
  • ドイツ: 45,784人
  • フランス: 42,712人
  • 韓国: 39,778人

(出典元: 外務省 平成30年要約版 ”海外在留邦人数調査統計” )

日本人の多い海外都市トップ10
  • ロサンゼルス都市圏 (アメリカ): 67,505人
  • バンコク(タイ): 50,966人
  • ニューヨーク都市圏 (アメリカ): 46,917人
  • 上海 (中国): 44,387人
  • シンガポール: 37,504人
  • 大ロンドン市 (イギリス): 35,007人
  • シドニー都市圏 (オーストラリア): 31,312人
  • バンクーバー都市圏 (カナダ): 27,898人
  • 香港: 26,088人
  • サンフランシスコ都市圏 (アメリカ): 18,759人

(出典元: 外務省 平成29年版 ”海外在留邦人数調査統計” )

これらの国及び都市を選び、海外生活開始当初は日本人のコミュニティで現地の生活に慣れ、その後語学が上達した頃に、現地や他国からの人たちのコミュニティに関わったり行動範囲を広げていくというのも、語学に不安がある人にはオススメの方法です。

語学力ゼロ…それでも何とか大丈夫? -アフリカ人の知り合いの話-

現地に行く前にある程度語学力を付けて言うのは、その後の海外生活をスムーズにするためにも重要です。

前回の記事でもお話しましたが、言葉が通じないことからくるストレスは、「ホームシック」の原因となることもよくあります。

こんなはずじゃなかった?海外生活の憂鬱…「ホームシック」解決方法

2018.10.03

しかしながら、現地では日本語を使えない=日本語を遮断した現地の言葉だけの環境に自分を置くことができるのが留学や海外生活の最大のメリットですので、ご自身の頑張り次第では、語学力があまりない状況からでも語学力をつけ、成功した海外生活を送って日本に帰ることも十分に可能です。

僕が始めて台湾の大学に中国語留学に行った時に、アフリカのモザンビークから来ていた女の子のクラスメイトがいました。

僕がいたのは一番初歩のクラスでしたが、僕を含め、多少は中国語の基本を理解して来た人がほとんどの中、そのモザンビークのクラスメイトは全く中国語の知識が無い状態で入学してきました

1クラス6人の少人数なので、一人ひとりにその日のフレーズなどを練習させてくれる機会が多いのですが、いつも彼女の時になると、彼女がなかなか言えないため、人の二倍も三倍も時間がかかり授業の流れを遅くしてしまっていました

彼女は英語もあまりできなかったため、ポルトガル語が理解できるパナマから来たクラスメイトが彼女に分からないところは説明してあげたりしてなんとか毎回乗り切る…、という状況でした。

僕はそれから台湾を一度離れたのですが、3年ほど経ってからまた台湾に帰って来た後に、そのモザンビークのクラスメイトと偶然道で再会しました。

彼女は流暢な中国を話し、今大学院で勉強してること、現地のレストランでウエイトレスをしていること、台湾人の友達とよく遊んでいることなどを話してくれました。

「ニーハオも分からなかった彼女が今や大学院で勉強しアルバイトまでしている…」。僕は彼女のこの三年間の頑張りが想像できて何だか心を動かされた気持ちになりました

彼女は、誰よりも中国語が分からない分、誰よりも努力していたし、台湾に住みながら現地の台湾人と話していくうちに中国語を上達させていきました

なので、海外生活、特に語学留学やワーホリでは滞在できる期間や資金が限られているため、語学力があった状態で海外に行くことは効率的な留学には必須なのですが、モザンビークのクラスメイトのように、現地に着いてからの過ごし方が日本にいる時の勉強よりもより重要となり、もっと言えば頑張り次第ではゼロに近い語学力を流暢なレベルまで上達させるは十分に可能であると言えます。

 

経済的な中国語のオンラインレッスンを受けられます

最後に

「海外留学をして語学力を身に着ける!」、「海外就職をして国際的な人材を目指す!」、「映画のようなおしゃれな暮らしをしながら海外生活を堪能したい!」など、それがどんな動機や理由であれ、海外生活を夢見てそれを行動に移そうとする人たちは、それだけで志が高い人たちだと言えると思います。

しかしながら、新しい人生の変化である海外生活には様々な不安が付き物ですし、それらが原因で留学等を諦めてしまうのは、とても残念なことです

海外に語学留学で行く最大のメリットは、現地の言葉を使わざるを得ない環境を手に入れられるということにあります。

街行く人、看板、レストランのメニュー、テレビ…。

ですので、ある程度の準備=語学ができたら「最後は飛び出す勇気」と「現地で学習を継続する意思」がものを言うのかも知れませんね。

ロンドンから皆さんの素敵な海外生活を願っています!

それではまた!


海外旅行ランキング




この記事を「シェア!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です