日本人男性は本当に「白人女性」にモテない??についての話

こんにちは Ronin です!

僕は現在ロンドンにて、ヨーロッパ出身の白人女性の妻と暮らしています。

知り合いや友人など、日本人男性に僕が欧米人の女性と結婚したことを言うと、非常に驚かれることも少なくなく、「どうやったら白人女性と付き合えるの??」と聞かれることが多いです。

そして、「日本人男性は欧米の女性に人気が無い…」と思っている人が結構多いことに気付きます。

そこで今回は、「日本人男性が本当に白人女性にモテないか?」についてお話してみたいと思います!




街で見かける日本人と外国人のカップル

ロンドンは多くの異なる民族の人たちが生活している場所であるため、違う人種同士のカップルを見かけることはごくごく日常的なことです。

そして、比較的良く見かけるのが、「日本人女性 (アジア人女性) と白人男性」、という組み合わせです。

以前の記事、 幻想?イギリス人男性が抱く「日本人女子」へのイメージ【5選】 でも触れたのですが、日本人女性を含むアジア人女性が「献身的」や、「服従的」である、というイメージを持っている欧米人男性は多く、アジア人女性と付き合いたがる人たちは少なく無いという印象です。

また、単純に日本文化に興味がある外国人男性であれば、日本人女性と付き合ったり結婚したいという流れになることも、自然なことであると思います。

しかしながら、「日本人女性 (アジア人女性) と白人男性」の組み合わせの逆である、「日本人男性 (アジア人男性) と白人女性」という組み合わせは、非常に少ないと言えます

やはり日本人男性は欧米の女性にはモテないのでしょうか…?

 

アジア系二世の例

日本、中国、香港等のアジアの国から、アメリカ、カナダ、イギリスなどに移り住んだ両親から生まれた、いわゆるアジア系二世と呼ばれる人たちがいます。

見た目はもちろんアジア人なのですが、生まれ、育ちが欧米圏であるため、現地の言葉のネイティブスピーカーであることが普通ですし、表現の仕方や振舞いも、基本的には向こうの人と変わりません。

例えば、アメリカやオーストラリアなど特に、筋肉質の男性を好む女性が少なくなく、そのためジムに通いムキムキに筋肉を鍛え上げるアジア系二世 (日系二世) の男性は少なくありません。

しかしながら、僕はこれまで、オーストラリア、イギリスと実際に現地に住んで生活してきましたが、これらのアジア系二世 (日系二世) の男性が 、外見以外は振舞い、言語レベル等において、欧米人男性と同様であるはずにも拘らず、白人女性と付き合っているのを見かけたりすることがあまりありませんでした




日本人男性を好む欧米女性は一定数いる!

僕は現在の妻以外も、様々な白人女性と出会い、その内数名の人と恋仲になる…という機会がありました。

しかしながら、「日本人男性を好きになって付き合う!」というのは、欧米ではマイノリティーなことであると言えます。

これには欧米、特にヨーロッパに住んでいる日本人男性自体が少ない…、または文化の違いが大き過ぎる…というような要素も関係しているのかもしれないのですが、外見的、身体的特徴において、日本人男性 (アジア人男性) を好む女性が欧米ではマイノリティーである、ということが大きく関係していると感じます。

それでも経験上言えることは、「日本人男性を好む女性は一定数いる!」ということです。

そして、日本人男性を異性として見る、付き合いたい…と思う欧米女性には、音楽、アニメ、言語、日本食など、日本文化自体に興味を持っているという女性が非常に多いです。

もちろん、日本に留学等で滞在しに来ている欧米女性であれば、ほとんどの割合で日本人男性と付き合うことに興味を持っている可能性が高いのですが、欧米圏に住んでいる女性の中にも日本人男性と付き合いたいと思っている女性は一定数います。

例えばロンドンでは、「Hyper Japan」という日本食や伝統文化を中心に、音楽、ゲーム、漫画やアニメ、コスプレなどに触れることができる大規模な日本文化のイベントあるのですが、このイベントには毎回数万人もの人が来場し、日本に興味を持っている人たちが、イギリスを始めとしたヨーロッパに多くいることが伺えます。

Hyper Japan

( Hyper Japan のホームページはこちら )

そして、このようなイベントに来る欧米系の女性は、高い確率で日本人男性に興味を持っていることが多いです。




日本人らしさを保ち欧米のマナリズムを心得る

例えば、「アジア人は平均して身長が低い…」などの身体的特徴のために、アジア人男性を恋愛対象として見れない…という白人女性も少なくは無いという印象も否めないのですが、身体的な特徴は個人の好みとなりますので、やはりその人それぞれであると言えます。

欧米女性の中にはムキムキの筋肉質な男性が好みだという人が少なく、また実際にムキムキに鍛え上げている欧米男性も多いのですが、やはりこれも個人的な好みと言え、例えば僕の白人妻は、ムキムキな男性が非常に苦手です。

ここまで今回の記事でお話しましたように、日本人男性を魅力的を感じる白人女性は一定数いますし、また以前の記事、白人女性と【結婚した】僕が明かす「白人女性と付き合う」方法 でもお話ししたのですが、日本人男性を「Cute (可愛い) 」と思い魅力的に感じている女性が少なくありません。

そのため、日本人男性らしさ (僕は特に中性的な外見、雰囲気を推奨) を保ち、それを前に出していく方が、下手に欧米人のように振る舞うよりも、白人女性と恋愛関係になる可能性が高くなると個人的には考えています。

しかしながら、レディーファーストを始めとした欧米のマナリズムを身につけて置くことも必要と言えます。

女性が大切に扱われていると感じることは非常に大切ですし、相手の文化を理解し尊重することにも繋がり、実際に交際した後にも良好な関係を続けていくために非常に大切です。

 

最後に

確かに、中国、台湾、タイなどのアジア人女性などと比較すれば、日本人男性に興味を持つ白人女性はそこまで多くないというのが現状ではありますが、個人的には日本人男性は特有の良さがあり「日本人の男何て人気ない…」と卑下する必要は全く無いと思っています。

自分の特徴を個性として、そこを押し出し、そこに魅力を感じてくれる白人女性を積極的に探していくのが最も効率的で、双方にとって幸せな方法であると思います。

ですので、無理に日本人男性 (アジア人男性) に興味の無い白人女性を落とすために、欧米男性のように話したり振舞ったりするというのは、愚の骨頂と言っても過言ではありません…。

僕は日本人男性独自の魅力を強く信じています。

それではまた!




この記事を「シェア!」

1 個のコメント

  • 結論的には「モテる」とも「モテない」とも言えないですよね。
    「人による」としか言えない。
    これは日本女性も同じで寄ってくるのは日本女性に「従順、エッチ(AVのみすぎ)、白人が大好きだから落としやすい」などの、間違ったイメージからイージーな対象としてモテてる場合だったり、ただのアジアンフェチのイエローフィーバー(アジア人なら誰でもいい)だったり、ちょっと癖のある人達も多いです。

    どこの国でも、「自国人」が一番モテるのは当たり前です。
    外国人の結婚も先進国で一番少ないですし、多いと思われてる日本女性の国際結婚も、日本男性の三分の一の数です。
    私が外国女性から聞いた日本男性の良い所は、「よく働くから収入が良い」「本当の優しさをもってる」「可愛い」「真面目」ですね。悪い所は、「あまり目を合わせてくれない」「意見をはっきり言わないので理解できない」「愛情表現を口にしてくれない」です。
    私が海外でモテてるな~っと思った日本男性は、「堂々としてる(欧米人にへこへこしてない)」、「意見をはっきり言う」、「過度に外国かぶれではなく、ちゃんと日本への愛国心も持ってる」、「身長が低すぎない」、「ムキムキではないが、少しは鍛えてる」、「愛情表現が強い」。
    逆に白人の彼女は一応いるがそこまでモテてない人&いない人は、「なんかナヨナヨしてる(堂々としてない)」、「意見は持ってるが、海外のくらべて日本は~が口癖になっちゃってる外国かぶれ系」、「ダサい黒縁眼鏡」、「冗談が下手」、「異様に自信がなくて自虐ばっかしてる」。

    米国とヨーロッパでもまた日本人のモテ方って変わってきますしね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です