結婚だけが幸せじゃない? 台湾女性の「独身」事情

こんにちは Ronin です!

結婚相手を探す活動「婚活」などに見られるように、生涯を一緒に過ごすパートナーを見つけることは、簡単とは言えませんね

お隣台湾でも独身者が年々増えていて、社会問題になっています。

しかしどうやら台湾女性が独身である理由は、単純にパートナーが見つからないだけではないようです。

そこで今回は、台湾女性の独身事情についてお話したいと思います!



独身女性は「負け犬」??

台湾では2009年に、独身女性をテーマとした「敗犬女王」というドラマが人気になりました。

このドラマは日本でも放送されたのですが、中国語での「敗犬 (bai4 quan2) 」という言葉は、日本で話題になった、独身女性を題材にした酒井順子さんのエッセイ「負け犬の遠吠え」からの言葉、「負け犬」の翻訳となっています。

敗犬女王は、結婚相手のご縁に恵まれない、美人で高学歴で、仕事ができて、蓄えもある、間もなく33歳になろうとしているキャリアウーマンを主人公 (主演はシェリル・ヤン)にした、ラブコメディーです。

このように、独身をテーマにしたドラマや映画は、台湾では人気が出る傾向があり、過去に台湾で人気になった代表的なものに、観月ありささん主演の日本のドラマ「おひとりさま」、阿部寛さんが主演をしたドラマの韓国版リメイク「結婚できない男」、スーチーさん主演の中国映画「剩者爲王」などがあります。

台湾社会では一般的に、独身の男女に対して、恋愛においての敗者…といった固定観念が存在するのですが、これらのドラマや映画の影響もあり、ここ数年でその概念も大幅に改善されているようです

 

独身万歳!?「独身の日」

台湾では11月11日は「独身の日 (台湾名: 光棍節)」と呼ばれます。

これは、一人を表す数字の「1」が四つ並んでいることにちなんでいます。

独身の日は、元々1990代にバレンタインデーに対抗するものとして中国にて採用され、台湾でも定着するようになりました。

ちなみに独身のことを中国語では「單身 (dan1 shen3) 」というのですが、厳密には日本語の独身のように未婚者 (交際相手の有無を問わず) を言葉でありながら、日常会話の中では、彼氏、彼女のいない人を含む独身者のことを表します

そのため、独身の日には、彼氏や彼女のいない友達同士が集まって食事をしたり、カラオケをしたりしてこの日を祝い過ごします。

また、いつも一人でも頑張っている自分へのご褒美として、独身の日に自分へのプレゼントを購入する人たちも少なくありません

このため、オンラインショッピングサイトを中心に、大規模な安売りが行われます。

配下に通販サイト「淘寶  (Taobao) 」を持つ、中国電子商取引(EC)最大手のアリババは、2018年11月11日の独身の日一日で、約3兆5000億円もの売り上げを記録しました。

これは同グループの前年比から見ても26%増であり、去年一年間の楽天のネット通販の取扱高(約3兆4千億円)を超える取引を1日で超えたことになります

中国の通販サイト「淘寶」

台湾では淘寶の他に、「蝦皮購物」、「PChome」、「 momo」 、「Yahoo」などの通販サイトも良く使われ、独身の日にはこれらのサイトでも安売りが行われ、通常この安売りは11月11日から数日間続きます。

彼氏、彼女のいない独身の人たちは、主に「家電」、「衣服」、「日常用品」、「靴」、「鞄」、「美容用品」などを自分自身にプレゼントする傾向があるようです。

「独身の日」安売りの例



台湾の女性は何故「独身」でいる?

台湾女性が独身でいる理由は、日本人女性とも共通している部分もあるようですが、台湾女性の性格にその特徴があるように、台湾において独身女性が増加傾向にあるのも、台湾女性ならではの理由がありそうです

台湾恋愛観 -女性性格編-

2018.09.12

以下に主な理由を挙げてみました。

独立心が非常に高く、能力が高い

台湾では女性の社会進出が非常に進んでいて、結婚や出産後も仕事を続ける女性の割合が多いです

台湾ドラマ「敗犬女王」の主人公のように、社会に出てバリバリ働くキャリアウーマンタイプの女性は、台湾では珍しくありません。

このように独立した女性は、特に男性の協力 (主に経済的な助け) が無くても一人で生きていけるため、恋愛を重視しないままキャリアを積み重ねていく人たちも少なくないようです。

そして、能力の高い女性は、会社で活躍できるものの、男性の敵を作ることが多かったり、男性から競争心の強い女性として毛嫌いされてしまうことも少なくないため、男性と恋愛関係になる機会が多くない傾向にあるようです

また、自分よりも多い収入、高い学歴を持った女性と付き合うことにプレッシャーを感じたり、男としてのプライドを傷つけられることを恐れる台湾人男性も少なくないため (日本人男性でも少なくない)、独立し能力の高い女性は尚更避けられてしまう傾向があるようです。

 

自由を重んじる

彼氏から、「今何をしているのか」を常に聞かれたり、干渉されたりするのが嫌で、自分の自由を優先するために恋人作らないこと、または独身でいることを選択する女性も少なくないようです。

彼氏ができることで、自分のために使える時間や、他の友人と過ごす時間に制限ができることを避けたい台湾女性は、あえて独身でいることが多いようです。

ちなみに僕が出会った台湾の女性にも、このタイプの女性が多く、元カノもその一人でした。

別れを乗り越えて… 【辛い失恋】から立ち直るために実践した【5つ】のこと

2018.10.27

 

外出をほとんどせず、交友範囲が極端に狭い

日本語の「お宅」は、中国語では「宅男  (zhai2 nan2) 」と翻訳されることが多いですが、中国語の宅男は、家に引きこもりがちで外出をあまりしない男性を指すので、日本語とは若干意味が異なります。

宅男の女性バージョンは「宅女 (zhai2 nü3)」と呼ばれるのですが、インターネット、ドラマ、映画、アニメ、ゲームなどを自宅で楽しむことが好きな台湾人女性は少なくありません。

そのため、仕事が終われば職場から家に直行し、ゲームやネットサーフィンを楽しむなどの生活スタイルにより、男性との新しい出会いも少ない…という状況に陥ってしまうようです。

そういう宅女と呼ばれる女性たちも、マッチングアプリなどオンライン上での出会いで、男性を探すことは少なくないようです。

・台湾人女性も良く使うマッチングアプリの『ペアーズ』

 

男性への要求が高い

日本と同様、年収が〇〇〇万以上じゃなきゃヤダとか、身長は私より高い180センチ代とか、顔は友人にも自慢できるくらいイケメンじゃなかヤダなどといった、男性に高い条件を求める女性も少なからずいます。

しかし、そのような好条件が揃った男性を見つけることは容易ではありませんし、何よりそのような女性は台湾人男性からもあまり好まれない傾向があります

 

恋愛することが怖い

過去に恋愛で傷ついた経験から、恋愛をすることで再度傷ついてしまうことを恐れ、新しい恋愛を躊躇してしまい長い間彼氏がおらず、独身でいる女性も少なからずいます

特に台湾は、保守的な女性が多く、恋愛関係に発展するまでも、比較的時間がかかります

時間をかける分、女性にとって男性と交際することはそれだけ大きな意味を持つので 、その分自分の彼氏には一途に尽くしてくれる女性も多いです。

その反面、男性に傷つけられて失恋したなどの場合、また傷つく怖さが重なって、恋愛に対してさらに保守的になってしまうようです。

「エニシー」恋愛婚活マッチング。登録無料\0

 

最後に

台湾の独身女性の中には、自分が独身であることを誇りを持って、人生を謳歌している人たちも多いです。

それだけ社会が多様化してきている証拠ですし、結婚して子供を産んで育てる…というだけが、全ての女性の幸せとは限らないことの表れかもしれません。

孤独や寂しさを感じた時は、ペットに癒しを求める女性も少なくないですし、個人の自由の元での選択ですので、幸せかどうかは、全てその人次第と言えます

独身を恥ずかしがったり、後ろめたさを感じたりすることない台湾女性に、学ぶものも多いですね。

それではまた!





海外旅行ランキング

この記事を「シェア!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です